駆け出しヒーラーの独り言~ヒーラーだって人間だ~

ありのままの自分をさらけ出します。https://suppin-relight.amebaownd.com/

元カレからのDV②

大学に行けば当然元彼がいるので、何日かは学校を休んだ。

そしてスクールカウンセラーに相談しに行った私。

 

一連の流れと元彼の家庭環境などいろいろ話したと思う。

 

 そこで言われたのは

「しっかりされてますね。」

 

いや。あの。それ言われたらもう本当の私の気持ちは出せないよ。

必死で平静を保っていただけだよ。

 

この一度だけでカウンセラーの元を訪れることはなかった。

 

結局自分でなんとかするしかないんだって。

 

その後も元彼からの連絡、つきまといは止まらない。

 

もう別れたってことにしようと思って、いろんな人に別れたってことを伝えて周りからせめていった感じ。(常に一緒にいたので、一緒にいないとみんなにどうしたの?って聞かれてたのもあり。 )

 

そんな中、元彼もいるゼミ合宿で何泊かすることになった。

 

今考えたらよく行ったな私って話だけど、それはこのあと書こうと思う。

 

もう別れたっていう事実を作り上げた私だけど、そこでも合宿をいいことにしつこくされる。

 

そしてなぜか元彼の携帯と財布を渡されて、自分で持っててって言ったけどそのまま去っていってしまった。

 

ちょうどそこに同じ部屋の女の子がいたんだけど、その子と携帯を見ちゃおう!みたいな感じになり開いてみる。(大学生のノリ、いけませんね。。。)

 

すると、私からのメールがたくさん保護されている。。。怖い。。。

 

そして、私の知らない女の子に「かわいいね」とか「また会いたい」とかいろいろ送ってて。

 

それを見た時、2つの感情が押し寄せてきた。

 

え?他に会ってる女の子いるのになぜ私をこんなに苦しめる?

 

え、私だけを好きなんじゃなかったの?

 

結局、私も愛されてたかった。

 

もうやめてくれ!と思いながらも、その愛が自分に向かってることをどこかで望んでいたんだと思う。

 

それは元彼だったからというわけではなく、自分を見てくれる相手がいることへの安心感がほしかったんだろうな。

 

それがたとえ歪んだ愛でも。

 

結局、私自身も元彼にある意味依存していたんだと思う。

 

関係を断ち切った後も、街でばったり会うとか何度かあったり、元彼の彼女から電話がかかってきたりとかもあったけど。

 

それは私が手放したくなかったからだったんだろうなって思う。

 

2年前くらいまで疲れるとよく夢で元彼に追いかけられる夢を見て、朝起きると体がずっしりということがよくあった。

 

でも最近は見ることはないに等しい。

 

それは、ソウルと話して気付いたり、アースリライトヒーリングでその部分を癒しているのも大きいと思う。

 

そして、夫と出会うことができたことがその部分の癒しにもなっているんだろうなって思う。

 

ゆっくり徐々にだったけど、手放していけたかな。

 

きっとそうやって心の傷のようなものは膿だしを繰り返しながらきれいな状態になっていくんだろう。

 

ソウルさんからのメッセージ。

「あなたはこのことを経験したことでたくさんのことを学びましたね。

そう、自分というものをもっと出して良くて、相手に合わせるだけではなく自分がどうしたいかで動くための経験だったんだよ。しなくてもいいことだったかもしれないけど、たくさんの人に助けられ、一人じゃないことも学んだはずです。

あなたが思っているよりずっとあなたは大切な存在です。」

 

そうだ。相手に傷つけられたんじゃなくて自分が自分を大切に思ってなかったから引き起こされたことだったんだ。

 

どこか一人な気がしてたけど全然違った。

家族にも友達にもたくさん助けられた。

 

あの時の自分、ごめんね。

 

そして大切なことを教えてくれてありがとう。

 

これを書くのに何日もかかって、心臓がバクバクすることもありましたが笑

 

今、私は幸せです(^^)

 

幸せな選択をするかしないか、全ては自分次第なんだ。

  

 

長いお付き合いありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元カレからのDV①

大学3年生の時、それは始まった。

 

元カレからのDV。

 

きっかけは、私の性体験について元カレに話したことだったかな。

 

もしかしたら何かの病気かもしれないと疑われ、怖くなってもしかしたら原因がそれかもと思って話したことから始まった。

 

結果的に何でもなかったんだけど、それよりも私のその経験が衝撃すぎたようで、どんどん彼が壊れていった。

 

元々、結構けなされたりはしていたけど、私も言い返していたし、そんなに気にせずに過ごしていた。

 

だけどそのうち、ケンカをして言い返すと太ももや二の腕など、見えない部分を殴られるようになってきて、それを言い返すと何倍にもなって返ってくるようになった。

 

そして私が泣くと、「ごめんね、俺が悪かった。」と言って抱きしめてくる。

 

典型的なDV。

 

暴言もかなりすごかったし、どんどんエスカレートしていった。

 

私はその時福祉系の大学に通っていて、DVについての授業の時があった。

 

その時DV被害者について教科書に書かれていたこと。

 

「・私が居ないとこの人はだめなんだ。

・私がなんとかしなきゃ、私が悪いから私が直せばいいんだ。

・泣くと優しくなるからつい許してしまう。

 

これ、私のことやん!

 

このままじゃダメだと思って別れようと思ったけど別れてくれない。

 

私の気持ももう離れ始めていて、ある時親友に、別に気になる人ができたってことをメールしてた。

 

でもなんとなくやばいかなって思ってそのメールを消してたんだけど。

 

その時私は一人暮らしをしていて、その部屋で朝方に携帯を見られて叩き起こされ、そこから恐怖の時間が始まる。

 

怒鳴られるし往復ビンタされるし物は投げられるしもうヒドい状態。

 

彼は興奮して息が上がり、キッチンの方に水を飲みに行くんだけど、包丁を持ち出されるんじゃないかとビクビクしてた。

 

殺されるんじゃないかって本気で思った。

 

たぶん2時間くらいだったと思う。

 

彼が出ていった後に車で実家に向かったけど誰もいなくて近所の友達の家に行った。

 

でも友達もいなくて、メールした親友の家に行った。

 

安心して泣いたのを覚えてる。

 

ボロボロの私の姿を見て親友も泣いてくれていた。

 

傷の手当てをする前に、親友のお母さんが傷の写真を撮ってくれて、警察に伝える時にって冷静に対応してくれた。

 

その時に言われた言葉。

 

「彼はあなたにお母さんを見てたんだろうね。あなたは彼のお母さんじゃないし、彼をどうにかできるのは専門家の先生であってあなたじゃないんだよ。」って。

 

そうか。。。

 

でも彼が私にお母さんを見ていたっていうのはわかる気がする。

 

話を聞いてると、お兄ちゃんはお母さんが育て、年が近い元彼はお父さんが主に育てる、みたいな感じだったみたいで。

 

お母さんに愛されたいっていう気持ちが私に向かっていたんだろうなって。

 

そして、そんな風に彼のことを理解してます、みたいな良い子を私は演じてたんだなって今になって思う。

きっとそれで自分を保っていたんだね。

 

その時も、自分が怖かった、とかつらかったっていうよりも、元彼の状況を理解する方が先で、自分の感情は置き去りだったな。

 

 

長くなるので次に続きます。

 

 

あんたなめられてるよ

「あんた息子になめられてるよ。だから言うこと聞かないんだよ。」

 

母に言われた言葉。

 

ショック。。。

 

先日、息子の幼稚園の先生に今の息子の現状とこれからの課題についてお話があった。

 

なんだか、今まで自分が大切にしてきたことが否定されたような気がして凹んだ。

 

もちろん、先生はそんなことを言ったわけではないんだけど、私の中でなぜかそうなった。

 

なんでだろうって思った時に、母に言われた言葉が思い浮かんだ。

 

そもそも、母の言う良い子っていうのは、親の言うことをきちんと聞いてイタズラとかもせずにいる聞き分けがいいっていうこと。

 

私がそのタイプだった。

 

うちの息子はというと、超自由なマイペースで怒られても何でもなんのその。

どこにいっても人見知りもなく、ちょこんと人の膝に入り込めるという、超人見知りで母親から離れたくなかった私とはわけが違う笑

 

でも私はそれが彼の良さだと思うし、言うことを聞くことが良い子とは思ってなくて、ちゃんと喜怒哀楽を感じられてこちらにも主張をちゃんとしてくる子になってほしいって思ってる。

 

もちろん、体力的にも疲れたり、時にはおいこら!ってなる時はある。笑

 

でも息子を見ているととにかくおもしろくて、そこから自分があれこれ学ぶのも楽しい。

 

これは感情をしっかり感じるようになってからなおさら思う。

 

少し前の私は、母親に大変な自分をわかってほしいって気持ちが強かったけど、今は違う。

 

私は楽しく私なりにやってるってことをわかってほしい!って思ってるんだなって。

 

まだまだ母に認めてほしい私がいるのね。

 

そして、先生に言われて凹んだのも、母親のことに繋がるのねって言うのもわかってスッキリ。

 

そしてソウルさんに言われた言葉。

 

「息子君はあなたに怒りの感情やあらゆる感情をしっかり感じさせるために生まれてきました。

だから、怒ったりしてもちっとやそっとのことでは動じないので大丈夫。人間である以上は喜怒哀楽全てを持ち合わせているということはすごく大切。

人間なんですから、人間らしくいきましょう。」

 

確かに息子君、右から左に流すのうまいし、本当動じない。

 

怒ることに抵抗があったのは確か。

息子が感情を感じさせてくれるために生まれてきてくれたのであれば、やはりこれはしっかりと感じきろう。

 

そして喜怒哀楽をしっかり私が感じていくことで息子君の人間力にも繋がっていくのかな、なんて思った今日この頃。

 

息子君とソウルさんから原点とも言えることを教えてもらいました。

 

ありがとう!

 

そして母への想いも引き続き癒していこう。

 

お付き合いありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚は失敗?

お友達と話をしていて、ふと離婚についての話になった。

 

表面的に見たら不幸になるって思えることなのかもしれない。

でも、この離婚はもしかしたらその人のステップアップのためなのかもしれないし、きっとその人にとって必要なできごとなんだと思う。

 

とは言っても、私も以前は離婚=失敗、だと思っていた。

その考えが変わったのにはわけがあって。

 

実は私の夫は離婚歴があり、お子さんもいる。(夫には掲載許可をとりました☆ )

 

私は夫側の話しか聞いていないのでなんとも言えないけど、妻の立場として、あぁ、それよくわかるよ~って元奥様の気持ちがわかる部分もかなりあった。

 

だから夫には、それは私もよくわかるし子供生まれると女性側は自分の心や体の変化についていくのにも精一杯なんだってことも伝えた。

 

そして、その人を選んだのもあなただからね、と。

 

夫も、今ならわかるんだよなぁって言ってて、その当時のことを隠さずありのままに教えてくれる。とは言っても、ここは言ったら私が悲しむってのをわかってくれててオブラートに包んでくれてるのもわかる。

彼なりの優しさだなぁって思う。

 

結婚する時も、した後も、よくバツイチ子持ちと結婚したねー!と言われていたし、私もそう思ってたわ笑

 

でも実際結婚してみるとそこって全然気にならなくて、どういうことで衝突してどういうところで嫌な想いをしていたのかを事前に聞けていたので、予習ができた感じがしたし、いろいろ聞けてよかったなって思ってた。

 

だけど、そう思い込もうとしてただけで、本当は前の方と比べられるのも嫌だし、ただ衝突を回避していただけでうまく取り繕うとしてただけだったんだっていうのもわかった。

 

だし、逆にこうなったら気持ちが離れちゃうかも?!みたいな不安がつきまとっていることにも気付いた。

 

 彼は、その人が自分で気づくまでいろいろな手を差し伸べながら待ってくれるタイプ。

それが彼の優しさだ。

だけど、この優しさはちょっとわかりにくい。

 

だから余計に不安もあったりしたんだけど、その都度その気持ちも話したり、彼の気持ちも聞いたりしてお互いに話をしてきた。

 

そしてお互いがお互いを自画自賛して終える、みたいな笑

 

やはり思ったことを伝えてちゃんと話をするって大切だな。

そして、こちらへの思いも改めて聞くのも大事だな笑

そうやってお互い進んでいくんだ。

 

そして思う。

 

夫はきっと、私がしている仕事を理解してそれを支えてくれるために1度離婚したんだなって。

 

そんなことを言ったら前の方に申し訳ないかもしれないけど、私のことを理解してその活動に協力するためには彼自身が1度結婚生活を経験しておく必要があったんだと思う。

 

そして彼自身も幸せになるために。

 

だから離婚は失敗ではない。

 

幸せになるための第一歩でもあるんだと確信しています。

 

今日はかなりまとまりなくなってしまいましたが、お付き合いありがとうございました!

 

私の使命

今日は初めての感覚。

 

あぁ、私、地球と1つなんだって思った。

 

そう思ったら涙が止まらなくなった。

 

拭いても拭いても涙が出てくる。

 

そして確信した。

 

自分に戻ることこそ地球と1つになること。

 

そして、私にとって今この瞬間に地球にいることは大きな意味がある。

 

アースリライトヒーリング。

 

地球の光を取り戻すヒーリング=自分の光を取り戻すヒーリング。

 

私の使命がここにある。

 

それはヒーリングをより多くの方に広めていくことだけではなく、私自身が自分を取り戻すこと、ここが絶対なんだ。

 

そしてそれこそが地球に光を取り戻す道。

 

使命に向かって進む、ただそれだけ。

 

お付き合いありがとうございました☆

お金への執着

最近ハッキリ自覚したこと。

 

あ、私お金に執着してる。

 

「お金がなくても十分幸せ!お金のあるなしじゃないよ☆」

 

なんて思っていたのですが、どうやら違う笑

 

お金、もっとほしい!が本音だったんだ。

 

細かい金額なんて気にしてないし~と思おうとしてたし、気にしてない風で過ごしていたんだけど、それこそ気にしてる証拠。

 

気にしてるなら気にしてるでまたそれごと認めればいいだけなのにね。

 

お金=汚い物

 

これが私の中ではまだ拭えてなかったんだなって思った。

 

そしてどうやら座骨神経痛はお金への執着がある人がなりやすく、しかも本人は自覚してないっていうのを本で見た。

お金に執着があるということに罪悪感を覚えるそうで。

なるほどなぁ。。。

 

私のお金への考え方って、誘導瞑想で見た母親とのことがかなり影響していると思う。

お金=汚いものという構図が私の中で小学生のうちに出来上がったんだった。

それが逆に執着となっていたんだなって思った。

 

お金に関わることは、私の中では母親とのことが切っても切り離せないものだったから、それが座骨神経痛となってたんだろうなぁ。

そして、それが自分が母となる妊娠中から発症したんだろうな。

 

なんだかいろいろ納得したよ。

 

それも全て認めよう。

 

そしてお金はそりゃほしいよ~!お金、好き好き。笑

 

頭では愛のエネルギーだ、なんて思っていたけど、頭でわかってただけだったのね。

 

ここを認められた自分すごいよ(^^*)よしよし。

 

お付き合いありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

人生での宝物

誘導瞑想をしてみた。

 

自分にとっての人生の宝物を過去に見に行くというものだったんだけど。

 

そこでみたものは母親に関わること、性に関係すること、そして誕生時のことだった。

 

この宝物を見に行くというのは、聞いてるとどうやら良い思い出というか、自分にとってプラスとなるような出来事のような感じのようだった。

私の中に浮かんだ最初の2つはどちらかというと私にとって良い思い出ではない。

でもこれはここを見る必要があるんだと思ってそのままにすることにした。

 

最初に見た、母に関わることで感じた感情は、悲しみ、不安、恐怖、だった。

それと同時に「私が母を守らなきゃ」という気持ちがあって、母が何を考えてるのかっていうのを幼いながらに読み取って即座に行動に移していた場面だった。

 

2つ目の性のこと。これは私の中ではとても嫌な思い出として残っていたし、思いだしたくないなっていうこと。

 

どうやらこの2つは、今までの私にとって宝物になっていたもの、つまり、ここに支えられていたってこと。

 

表面的には嫌な思い出としていたけど、私、この2つに助けられていたんだってわかったらなんだかその思い出に対する思いが変わった感じがする。

 

嫌なこととしておきたかっただけで、その時は私にとって必要な出来事だったんだな。

そこも否定せず認めよう。

 

そして最後に見たのが私が母から生まれてくる時のこと。

 

その時感じた感情は、やっとこの世にうまれてこれたー!っていう喜び。

そして、生まれたそれだけですごい才能なんだっていうメッセージを感じた。

 

本当だ。生まれてきたこと、生きてるだけでもうそれはすごいことなんだ。

 

それと同時に「普通に生めなくてごめんね」という母の思いを感じた。

 

帝王切開で私は生まれてきたのだけど、母はこのことを気にしてたんだって知った。

 

でもきっと私は帝王切開で生まれることを選んだんだろうなって思う。

早く出てきたかったんだろうし笑

 

この話を母にしたらなんていうかな。

 

話すの勇気いるわ。。。

 

勇気がでたら今度話してみようかな。ドキドキ

 

そして今回知った人生での宝物は、これからの人生では手放すためのものであろう。

 

自分を知っていく、大事だな。

 

お付き合いありがとうございました☆